会社概要

NICHIA STEEL

| HOME | 会社概要 |

Last updated 2016-02-12

概  要

 当社は明治41年創業以来、時代のすう勢に順応しながら、積極的に技術の開発と設備の更新、拡大につとめ、 常にわが国鉄鋼二次製品業界
に先駆して、その発展に貢献してまいりました。
現在では、新日鐵住金株式会社の直系会社として資本および材料(全般)の供給を受け、普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺線材製品の3部門を
柱とし、多角経営の妙味を発揮しております。
製品の一つ一つが担う役割とそれを製造するものの責任を思い、伝統に培われた豊富な経験と洗練された技術を 生かして、研究、検査、開発に
飽くなき努力を積み重ねるとともに、工場におきましても徹底した品質管理システム を施しております。
なお、東京に支店を、札幌、仙台、名古屋、新潟、広島、福岡にはそれぞれ営業所を配し、全国 に販路の拡充と顧客サービスに努めております。

会社沿革LinkIcon

経営基本方針

当社は、常に時代のすう勢に対応しながら堅実経営に徹し、線材加工製品の総合メーカーとして、和親協同・信用保持・創意工夫を社是とし、取引先に対する厚い信頼を築き、技術の革新を図り、社会の発展と従業員の幸福を目指しております。

目標とする経営指標

当社グループは、常に安定的かつ継続的に利益を計上するためには事業構造と経営体質の強化が重要であると考えております。経営指標におきましては、売上高に対する償却前営業利益率8%、同経常利益率10%を目標といたします。次期以降において減価償却費の大幅な増加を予定しているため、償却前の利益率を指標といたします。


中期的な会社の経営戦略

当社グループは、厳しい経営環境下においても安定的な収益を確保するために、普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺線材製品の各市場における当社シェアの拡大と高付加価値品を中心とする品種構成の改善を図り、業績を拡大してまいります。
また、品質・生産性の向上、新商品の開発、徹底したコスト削減等の推進により、収益体質と市場競争力を一層高め、経営基盤の強化及び企業価値の向上を図ってまいります。

会社の対処すべき課題

今後の見通しとしては、建築着工や公共事業の動向、原油価格の先行き等に対する不透明感はあるものの、景気の回復基調が継続するものと期待されております。
当社グループは、収益重視の経営方針を基本とする中、景気の動向等に一喜一憂しない「強靭な体質」を構築するために、製販一体となって、需要の創出、シェアの拡大、設備・システム装備力の強化、国内外の子会社・関連会社の業容拡大等を図り、グループ全体としての収益向上に努めていく所存であります。
また、管理体制面においては、業務効率化を推進するとともに、内部統制の充実及びコンプライアンスの一層の徹底を図ります。環境保全活動においても積極的かつ継続的に改善に取組み、企業の社会的な責任を果たしていく所存であります。